カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ

以前の記事



QR Code
QR Code

Syndicate this site
Get RSS 2.0
Get ATOM 0.3

skin mod. by
ヒビキ


powered by
excite

カテゴリ:演奏会報告( 24 )
Last:
2006年 07月 29日

おわりました
終わって一週間も経ってるけど、ビアンカフィオーリ第15回定期演奏会、無事終了しました。

今年も多数のお客様に御来場いただきました。
ありがとうございました。


ちなみにアンコール曲のご紹介。
・歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より前奏曲とシシリアーナ
                       P.Mascagni/G.F.Poli
・歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 [高速版]
                       M.I.Glinka/J.Nakano

僕はといえば>>
[PR]
Last: by hibi_k | 2006-07-29 15:38 | 演奏会報告
2005年 12月 19日

大倉山は、山です(12/10)
sfidaさんの第5回演奏会です。

この日はイベント盛りだくさんで、ほかにも
岡本憲太マンドリン一人弾き(@バロール104)
加賀城浩光リサイタル(@話音倶楽部)
静岡マンドリン愛好会 定期演奏会(@静岡)
東北大学マンドリン楽部 定期演奏会(@仙台)
などなどあったのですがちょっと前にドサクサ紛れではやしまさんにビデオ撮影頼まれたこともあり、sfidaへ。

会場は今回も大倉山記念館です。第1回目からずっとここを使用しているみたいですね(第1回目はホールじゃなかったみたいですが)。
いや、「みたいですね」って言いながら3回目から毎回聴きにきていることに気づきました。

今回はビデオ撮影を頼まれていたので開演の1時間前には会場に。軽くビデオの取り扱いを聞いて、リハからチェック。
前にも書きましたが、うちの親父さんのお弟子さんを集めたクラリネットアンサンブルがあって、僕が地元にいたころは毎回ビデオ撮影のお手伝いをしていましたが大学に入って地元を離れてからしばらくやっていなかった(あまりその演奏会の時期に帰省できなかった)ので、久しぶりでした。(あ、でも今年の夏の演奏会はビデオ撮影したんだった)

「別に録画しっぱなしでいいですよ」とは言われたものの、せっかくの記録なんですから動いたほうがいいじゃないですか。ましてや少人数のアンサンブルがメインなんだし。
ということで勝手にアップ気味でとることにしました。まぁ、リハーサルほとんど聴いていないので撮り場がいまいちわからないんですがしょうがないですね。

そして開場。>>
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-12-19 22:33 | 演奏会報告
2005年 12月 14日

I'm Dreamin' of a White Christmas(12/9)
獨協大学マンドリンクラブ 第73回定期演奏会

僕の引退演奏会から6年。37期の引退演奏会です。

ここ数年のお決まりのようになってきた金曜の定演。今年ももちろんそうです。一応前もって「この日は特に何もなければ17時で帰ります」と伝えてあったし仕事の合間になって結構暇な一日だったので予定通り17時に退社、青砥に向かいました。

あぁ、そうそう、時間なくて差し入れの一つも買えずにすみませんでした>現役諸氏
ま、もうどの学年に何人いるかとかも知らないんだけどね。

予定より早くに青砥に着いたため、駅前のローソンで肉まん買って軽く腹ごしらえ。

ホールに着くとまだ開場前だったみたいですが、ロビーには数人のOB+お客さんがいらしていました。
レスラー吉川もすでに来ていましたが、…首太っ!胸周りも記憶にある吉川とは大違い。9月のデビュー戦のあとも試合をこなしてきたらしいです。まだ一度も行けてないけど…。次の試合は12/18だそうです。また行けない。

後輩OBと話しているうちに開場。いつもどおり、「コンマス正面・真ん中ちょっと後ろ」の席を確保。パンフは、なんだか妙にすっきりしてるなぁ。春のパンフみたい。経費削減かな?その割にはビデオ(今はDVDか)撮影用のカメラが3台も。僕がいたころはビデオ作成すること自体いろいろ揉めてた気がするんですが、今の学生さんはお金持ちなのか?(それとも安いんでしょうか、最近は)

程なくして開演です。


More>>
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-12-14 00:55 | 演奏会報告
2005年 12月 13日

その後のお話
気がつけば演奏会報告も7/2のオルフェウスさんので止まったままでしたね。その後もいくつかの演奏会には足を運んだり、出演したりしていたのですが。

出たのはともかく、聴きに行ったのは細かなことまで覚えてないな…。
家にあるパンフをあさればわかると思いますが。

とりあえず出演は以下。

・アンサンブル・ビアンカフィオーリ(1st)
・高橋和彦と楽しい仲間たち in Tokyo(Mn)
・SSAマンドリンオーケストラ(Mc)


結局過去のは書けませんですが最近のはぼちぼち書きましょうかね。
DMC 73rdとsfida 5th。

近日中に(^^;
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-12-13 12:55 | 演奏会報告
2005年 07月 06日

祭りの後(7/2)
なんかとても久しぶりに演奏会に行った気分です。最後に行ったのが千葉大だから…まるまる2ヶ月何も行かなかったということですか。そんな久しぶりの演奏会は昨年もいったオルフェウスさんです。

夕方まではBB Festa行ってたのでそこから山手線~総武線~浅草線~東武線と乗り継いで青砥へ。ちょうど開場の時間ぐらいについたんですが昼前にパン一個食べたきり何も食べてなかったので駅ナカのロッテリアでちょっとお食事。さくっと食べて会場に向かいました。

着いたのは開場10分後ぐらいだったかな?中に入るとお客さんはぱらぱらと。昨年よりは入っているかな?今回はB団団員も2名出演しているのでB団な人も数名見受けられました。

開演です
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-07-06 17:33 | 演奏会報告
2005年 05月 28日

モノレールにも乗れーる(4/30)
千葉大学MC(CUMC)さんです。今回は30周年ということで現役・OB/OGの合同演奏会のようで、「っさ」で一緒にやってるみなさんや某B団で一緒にやってるチモ嬢も出場しているとのことで、聴きに行ってきました。場所は以前、千葉大+京都大のジョイントのときに聴きに行った千葉県文化会館です。

行くたびに思いますが、やっぱり千葉って遠いです。意外と遠い。うちからだとまず東武線をくだり、南越谷から武蔵野線で西船橋まで。そこから総武線なんですけど、西船からはすぐだと思ってたらここからが長かった。しかも乗った総武線は津田沼どまりだし。いや、電車乗るときに津田沼行きっていうのは見たんですけどね、千葉と津田沼の位置関係がわかっていなかった(^^;
千葉からはモノレール。モノレールって線路が下にあるのと上にあるのとありますよね。普段目にするのって線路が下にあるやつなので、ホームに行ったとき「あれ?ホームはまだ先なのかな?」と思ってしまいました(同じく聴きにいっていた「っさ」のBっくんは思わずそこに降りてしまいそうになったとか…)。ぶら下がってるような形になるのね。そう思うとちょっと怖いけど。

間もなくモノレールが気のたので乗り込んで出発を待っていると、後から乗り込んできた中に知った顔が。H松さんです。
H:「あ、こんにちは。…多分同じとこですよね?」
私:「そ、そうですね…」
H松さんは実はご近所さんで、うちから歩いて5・6分のところにお住まいです。つーことはあれか、同じ駅から同じとこまで行くわけか。何なんだかなぁ。(^^;

と思っているうちに市役所前に到着。ここからもちょっと歩いて文化会館に到着。しかし文化会館前にはでかでかと「○○高校吹奏楽部 定期演奏会」の文字が。

…えっ?
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-05-28 01:23 | 演奏会報告
2005年 05月 25日

第32回話音倶楽部(4/16)
報告もたまっていました。

遅くなりましたが遅くなった上に手抜きというか楽させていただくというかなんというかその。

話音倶楽部の公式ページの過去の記録のところに僕の感想を(簡単にですが)書いているので、演奏に関することはそちらということで。(こちらです)


えーっと、話音倶楽部で望月君が弾くというのは前に本人とメールしているときに聞いていて、それはぜひ聴きに行こうと思っていたところにシルベスさんがblogで記事にされてて、急いで片岡先生にメールして予約しました。

今回の話音倶楽部は、GWにドイツでのコンクールに出場することになった望月君のため、度胸試しやアドバイスをもらう場としても企画されたみたいです。片岡先生からの予約確認のメールにも「いろいろアドバイスしてあげてください」とありましたがそんな、果たして自分が出来るもんやら。まぁでも演奏が聴けるのも楽しみです。

さて、当日ですが、
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-05-25 19:29 | 演奏会報告
2005年 04月 05日

steel pan(4/2)
/* マンドリンではないですが… */

今日は姉の所属するバンドのライブがあるということで、久々に聴きに行ってきました。

何度か書いたと思いますが姉の所属するバンドは"THE CORONA"というラテンバンドです。今回は単独ライブではなく、ムームーというイベント(?)の第69回目だったようです。出演バンドは、THE CORONAの他に"SPECIAL OTHERS"、"PANORAMA STEEL ORCHESTRA"という顔ぶれでした。

CORONAの演奏を聴くのはもう何度目かですが、今回も楽しかったです。一番手でしたがお客さんのテンションも結構上がっていてよかったですね。5月には本場・キューバでライブも行うそうです。7月にはCDも出すとか。

二番手のSPECIAL OTHERSさんは、男性4人のインストバンドでした。うーん、ちょっと個人的にイマイチだった気が…。心なしかお客さん側もじーっと聴いている人が多かった気が…。まぁいいや。

そして最後、PANORAMA STEEL ORCHESTRAさんですが、SPECIAL OTHERSさん聴いてる途中に出番を終えた姉とちょっと話したんですが「最後のバンド、おもしろいらしいよ」といってたのでどんなもんだか楽しみにしていました。
前のバンドが終わり、舞台セッティングですがステージ上にどんどんと巨大な銀色の物体が運び込まれます。そのバンド名からももしや、と思っていたのですがどうやらスティールドラムのオケ(バンド?)のようで、色々な深さのドラム缶(を半分に切ったようなモノ)がステージ上に並べられました。

実は最後のこのバンド、なかなかに楽しかったです。

どんなかというと>>
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-04-05 19:38 | 演奏会報告
2005年 03月 16日

あやしいXX(2/19)
さくらいホールマンドリンアンサンブルさんです。
いったいこのタイトルはなんなんだと思われるかと思いますが、「さくらいホール」の語源はそういうホールがあるわけでもなく(どこかにあるのかもしれませんが)桜井さんがホールを建てたわけでもなく、もともと「さくらいと仲間達の怪しいホールで演奏会しちゃうのかよ!」とかいう名前だったそうです(この由来は確か桜井さんのHPで見た気がしますが今探しても見当たりませんでした。よってちょっと違うかも)。
テレ朝でやってた「さまぁ~ずと優香の怪しい××貸しちゃうのかよ!!」から来てるんでしょうけど。

さてそのさくらいホールMEさん、メンバーは基本的に桜井さんの大学の同期だそうです。
経緯は知らないですけど、同期飲み会か何かで盛り上がったんですかね?それとも後輩の演奏会を聴きに(もしくはOB出演して)もう一度やりたくなったんでしょうか?もう3年前になりましたがfestissimoをやったきっかけは後輩の演奏会にOB出演して「もう一度やりたい!」って思ったからなんですね。(ちなみに言いだしっぺは私ではなく、今またドイツ行っている人です)
でも同期だけで出来るってすごい。うちなんて全員出ても7人しかいないですよ。

SSAで一緒に弾いている人も何人かいますし、第一桜井さんの演奏って一度も聴いたことがなかったので(^^;聴きに行くことにしました。

そして当日>>
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-03-16 00:15 | 演奏会報告
2005年 03月 09日

La Festa di MANIA(2/11)
大変遅くなりました。
マンドリン関連サイト(?)であることを忘れていたかのように更新していませんでしたね。すみません。


まだあまり耳なじみがないかもしれません、ヴァロール・マンドリンクインテットさんです。関東のマンドリン愛好家の方なら「バロールマンドリン四重奏団」、といえば「あぁ」と思う方もいらっしゃいますでしょうか。

東京の社会人団体「アンサンブル・ビアンカフィオーリ」では例年II部ステージにソロや少人数のアンサンブルのステージを設けており、そこに何度か「バロール四重奏団」は登場しました。メンバーは都度変わっていたりしましたが。そこで、今回はその四重奏団にギターも加えて五重奏(クインテット)になったわけです。

では、「バロール」が「ヴァロール」になったわけですが、四重奏団のときから団長を務めていた某楽器店店主のお店があるマンションが「バロール代々木」というとこでして、それにちなんで「バロール」という名前をつけていたのですが、この度その正式なスペルと意味がわかったらしく。実は「バロール」は"Valore"というスペイン語の単語であり、英語で言うところの"Value"に当たるそうです。実は変な意味だった、とかならあれですがそうでもないのでそのまま採用になったようで。

あ、そういえば今のメンバーでは数年前のJMU主催「マンドリン室内楽 in TOKYO」で優勝?し、藤掛さんに曲を献呈されたんでしたっけ。じゃ四重奏の4人は組んでから結構長いですね。少なくとも4年にはなりますか。

そしてギターを加えてヴァロールクインテットとなってからは、昨年夏にレコーディングを行いCD「PELOTA」を作製、昨年末に発売開始されました。いろんなところでも評判がよいようですが、売り上げも好調なんですかね?
そして2/11、CD発売記念の演奏会となったわけです。なんか前振り長い?まぁいつものことです(開き直った)。

つ づ き >>
[PR]
Last: by hibi_k | 2005-03-09 01:26 | 演奏会報告
TOP