人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ

以前の記事



QR Code
QR Code

Syndicate this site
Get RSS 2.0
Get ATOM 0.3

skin mod. by
ヒビキ


powered by
excite
2006年 02月 28日

道化
演奏会のご案内です。
いつもどおり、直前のご案内ですが…。


◆ マンドリンアンサンブル ブルレッタ演奏会 ◆

●日時
    2006年 3月 5日(日) 18時開演
●場所
    ルーテル市ヶ谷センター(東京メトロ市ヶ谷駅近く)
●入場料
    前売1,500円 当日2,000円

●曲目
    秘密の結婚より序曲(チマローザ)
    マンドリン四重奏曲二長調(ムニエル)
    菊(プッチーニ)
    弦楽四重奏第6番へ長調アメリカ(ドボルザーク) / 他

●メンバー
    横山宏治 清原恵梨 吉本雅啓 小林 薫 / 田口俊太郎

●お問い合わせ
    絃楽器のイグチ 03-3378-5357
    イケガク      03-5952-1391

都内で活動するアンサンブル・ビアンカフィオーリのメンバーにより新しく結成したマンドリンカルテットです。
今回はマンドリンオリジナル曲、クラシック曲を中心にお届けいたします。
皆様のご来場をお待ちしております。





ということで、僕が出るわけではありません。僕はビデオ係りしています。
ビアンカからのユニットといえばヴァロール・マンドリンクインテットがちょうど1年前ぐらいに演奏会を行っていますが、また新たに四重奏団ができたということです。

今度の四重奏団は、「おじさん二人と若い娘二人」ということで一部では不倫カルテットなんて呼ばれ方もされていたようですが、4人のうち3人が今期のビアンカのパートトップを務めている人たちです。(もっとも、トップをやっている楽器と必ずしも一緒ではないですが)
ちなみにその若い娘二人は僕の後輩でもあり過去に演奏会でもソリストを務めた二人です。(ちなみにリンク先の記事の最後はわけわからん終わり方になってて自分でも恥ずかしいのですが、まぁ、見て見ないふりでもしておいてください)

そして音楽監督にはビアンカの(いろんな意味で)重鎮指揮者、マニア大王さま。
…その関係もあり、当日の楽器はこれまたマニア色濃いものになるそうです。こちらもお楽しみに。


「ブルレッタ」とは「18世紀流行の音楽入りの茶番劇、道化劇」という意味があるそうですが、まじめな、しかし楽しい音楽を聴かせてくれることと思っています。ぜひともご来聴くださいませ。
Last: by hibi_k | 2006-02-28 17:19 | その他ネタ
<< Marching March TOP うさぎのおめめ その後 >>