人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ

以前の記事



QR Code
QR Code

Syndicate this site
Get RSS 2.0
Get ATOM 0.3

skin mod. by
ヒビキ


powered by
excite
2004年 10月 05日

酒の神(8/28)
バッカスマンドリーノ マンドリンコンサートXIV

バッカスさんです。

この団体の存在を知ったのは結構早かったような気がします。学生の、それも大学一年二年ぐらいから知っていたのではないでしょうか。学生時代はそんなに社会人団体のことは知りませんでした。ビアンカと、クリスタルとフィロマンぐらい、かな。でもどこかの演奏会を聴きに行ったたときにチラシが挟まれてて、その連絡先が東武線沿線で身近に感じたのを覚えているからです。
(あれ、バッカスだったよな…違ったっけ?)

そして、社会人になりNYC2001に参加したときは指揮者のMさんや前コンマスのMさん(同じか^^;)ともお知り合いになれました。んで知人も何人か入っていました。
Mさんがソロコンで1位をとった後、新コンマスC君に代わりました。C君は学生時代の関マンの同期です。

でも、実は今まで一回も演奏会を聴きに行ったことはなかったんですねー。(す・すみません!)
いや別に行きたくなかったわけではないですよ!?いつも何か用事が重なってしまって。(大体いつもB団と「っさ」の間なので、「っさ」の練習とかぶってたのかなぁ)

今年は「っさ」をお休みしていたので予定も開いており、聞きに行ってきました。





会場はなかのZERO大ホール。ここの大ホールはほんとにでかいです。自分も大学2年のときにここでやりましたが、ほとんどステージ上では他パートの音が聞こえませんでした。まぁあの時はステージメンバーも少なかったので、今回バッカスではどうかな?と思っていました。

開演ちょっと前に無事着きました。お客さんはまぁまぁの入り。イメージ的にはバッカスって結構大人数ってイメージがあったのですが、ステージが人数のわりには広すぎるからでしょうか、なんかちょっと少なく感じました。

一部は小組曲と星コン。
うーん、やはりホールの広さに音が吸い込まれちゃってる感じがしました。広いホールや音響のよくないところでよくある、「がんばっているのは(見て)わかるけど」という感じです。やはりこのホール、マンドリンで使うには難しいかも。
で、演奏の方ですが、うーん、なんとなくおとなしい印象を受けました。星コンはもっと前に行ってもいいのになぁと言う感じ。ひょっとしたら他が聞えにくくて一歩出しにくかったのかも?(勝手な想像ですが)

休憩を挟んで二部です。
二部はメイン指揮のMさんに変わり、曲もMさん編曲の企画ステージとカルメンです。
ここの企画ステージはいつも面白そうですよね。皆さん楽しんでやってるんだろうなと言う感じです。今回のタイトルは「Swingin’The Mandolin ~スイングしなけりゃ意味ないね!~」、MOのためのBigBandJazz名曲メドレーとありました。
往年のJazzの名曲メドレー、とくにJazzに造詣のないわたしでも聞いたことがあるような有名な曲ばかりだったんじゃないかと思います。アレンジも面白く、構成的にも飽きの来ないものでしたが、いかんせんマンドリンだなぁという感じでした。
有名でオリジナルを知っているということは、やはり聞くときにオリジナルの音をイメージしつつ聞いてしまうわけで。ホーンセクションがスパーン!と音出してるところで、その絶対音量が足りないとか、ソロが何をやっているのかよく聞こえないとか、管弦曲をマンドリン編曲でやるよりもオリジナルとの差異が気になりました。(ホールが違うとこだったらまた別だったかもしれないですけど)
でも、客席は結構盛り上がってた気がします。手拍子も出たりしてましたし。奏者の皆さんも楽しんで弾いていたのでしょう、その雰囲気は伝わってきました。個人的にはベースのトップの方が一番ノリノリだったような。(シャウトもあり…^^;)
そしてメインのカルメン組曲。今日の演奏会でコレが一番よかったかもしれません。一曲目で会場もステージも十二分に暖まってましたし、奏者もお客さんも入り込みやすかったのかも。聴き応えのある演奏でした。

以上で本プロは終了なのですが、ずいぶんと早い演奏会です。まだ19時半前だったような。
一度下がった後Mさんがまた登場してアンコール。このアンコールがまたシャレがうまいなぁというか、ピンクレディーの「カルメン'77」でした。1977年といえば僕が生まれた年ですし(イヤほんとですって)、リアルではこの曲を知らないのですがあの「♪カルメェェェェェェン…」というとこは知ってます。悩ましげな「♪Ah...」も登場し、お客さんウケも上々でした。
そのご、カルメン組曲より闘牛士と、バッカスのお約束・バッカナールで幕を閉じました。アンコールのコンマスのソロも冴えてましたね!Cくんうまいなぁ…。僕もがんばらないと。


以上、初バッカスでしたが、ホールの関係もありちょっと消化不良でした。次回は船堀タワーホールらしいです。また行きたいと思います。次の企画はなんなんでしょう!?楽しみです。


っつーことで、大変遅くなって申し訳ないです。
結構記憶もあいまいに…。ううっ。


+-Concert Information---------------------------------------------+
バッカスマンドリーノ
マンドリンコンサートXIV
2004/08/28(Sat)
於:なかのZERO 大ホール
一部:
・小組曲/C.Debussy/小穴雄一
・星空のコンチェルト/藤掛廣幸
二部:
・Swingin' the Mandolin/桝川大輔
・カルメン組曲/G.Bizet/桝川大輔
Encore:
・カルメン'77/都倉俊一/桝川大輔
・カルメン組曲より「闘牛士」/G.Bizet/桝川大輔
・歌劇「サムソンとデリラ」より バッカナール/C.Saint=Saens/桝川大輔(?)
+---------------------------------------------Concert Information-+

Last: by hibi_k | 2004-10-05 20:41 | 演奏会報告
<< 讃岐の銘菓 TOP 乗り入れ >>